読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

visible true

技術的なメモを書く

support packageに追加されたtesting-support-libを使ってAndroidのテストをJUnit4で書く

Android JUnit4

概要

Espresso 2.0 が Android support library の一部としてリリースされた - ひだまりソケットは壊れない

espressoの他にtesting-support-libというのがsupport packageに増えたそうです。 で、testing-support-libを使うと手軽にJUnit4をAndroidアプリケーションに導入できます。

手順

1. Android Support Repositoryを最新にする

Android SDK ManagerでAndroid Support Repositoryを最新にします。

f:id:sys1yagi:20141222115950p:plain

2. build.gradleに設定

build.gradleにtesting-support-libの設定を書く。差分は以下の通り。

android {
  defaultConfig {
    testInstrumentationRunner "android.support.test.runner.AndroidJUnitRunner"
  }
  packagingOptions {
    exclude 'LICENSE.txt'
  }
}

dependencies {
  androidTestCompile 'com.android.support.test:testing-support-lib:0.1'
}

動作

あとはテスト書いて、

import org.junit.Test;

import static org.hamcrest.CoreMatchers.*;
import static org.junit.Assert.*;

public class HogeTest {

  @Test
  public void junit4() {
    assertThat("わーい", is("わーい"));
  }
}

実行するだけ。

./gradlew connectedAndroidTest

まとめ

ようやくカジュアルにJUnit4が使える様になりましたね。長かった...。