読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

visible true

技術的なメモを書く

AndroidObservable.bindActivityは自動でobserveOn(mainThread())してしまうのでその後にmap等をつなげるとUIスレッドで実行される

概要

RxAndroid 0.22.0ではAndroidObservableというActivityやFragmentの状態を考慮してコールバックしてくれるObservableを作れるUtilityがある(最新のRxAndroidではAppObservableという名前になってるぽい)。

subscribeOn(newThread())なObservable、つまりバックグラウンドで動作するObservableをAndroidObservable.bindActivity()等を使ってくるむと、「Activityが既に終了していたらonNext()を呼ばない」といった事を自動でやってくれるようになる。

問題

以下のように、バックグラウンドで動作するObservableをAndroidObservable.bindActivity()で安全にした上で、map()してsubscribe()すると、map()がUIスレッドで実行される。map()で通信処理等をやっていると爆死する。以下だと1が別スレッド、2,3はUIスレッドで実行される。

AndroidObservable.bindActivity(this,
   http.get(url)  // 1. subscribeOn(newThread())なObservableを返すとする
  ).map({ body ->
    // 2. なんかパースして再度通信処理をする
    parseAndLoad(body)
  })
  .subscribe({ result ->
    //.3
  })

原因

以下はAndroidObservable.bindActivity()の実装(ver 0.22.0)。最初にobserveOn(mainThread())を実行している。 これによりここ以降のOnSubscribe.call()はUIスレッドで実行される。

public static <T> Observable<T> bindActivity(Activity activity, Observable<T> source) {
  Assertions.assertUiThread();
  return source.observeOn(mainThread()).lift(new OperatorConditionalBinding<T, Activity>(activity, ACTIVITY_VALIDATOR));
    }

対応

subscribeOn(newThread())で処理したい処理はAndroidObservable.bindActivity()の内側に置く。基本的にAndroidObservable.bindActivity()は最後にあてる感じすればいいんだと思う。

AndroidObservable.bindActivity(this,
   http.get(url)
   .map({ body ->
    parseAndLoad(body)
  }))
  .subscribe({ result ->
    //.3
  })

まとめ

observeOn(),subscribeOn()はセットするタイミングが重要っぽい。